要介護しんへ メモ

感覚で物を書きます

2018年のおわりに

  お久しぶりです!要介護しんへです。

 2018年も残りわずか(数十分…)となりましたね!先月は仕事が忙しいのとか色々あって記事を書く気力がありませんでした。無気力でもゲームはやってました。
 転職して職種変えたらなんか長い休みがもらえたんで2018年の総まとめをしたいと思います。
 ゲーム、馬、本、映画、プライムで見たTV番組などです。まあただの趣味の話だな!

 酒飲んでデロデロ書いてるだけなので帰省の移動中にでも読んでください。プライム作品はもしかしたら期限切れてるのがあるかも。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 2018年プレイしたゲーム

 

・Life is strange: Before the storm
 言わずと知れたDONTNOD(スクエニ)の鬱ゲー【Life is Strange】のDLC。マックスが街へ戻る前のクロエとレイチェルを描いた作品。時間を巻き戻す要素は無く、バックトークと呼ばれる会話で自分に有利な展開へ進めるシステムが導入されている。クロエの頭の回転の速さを表す良いシステムだと思った。本編より鬱な鬱ゲーって珍しくない?プレイヤーの心を丁寧丁寧丁寧に折りに来ている。
・Detroit: Become Human
 今現在PS4でやれるゲームで一二を争うほどグラフィックが良い。話も良い。ハンクとコナーが好き。一番好きなのはルーサーくん。サントラとアートワーク集がついてる日本限定仕様のパケ版買ったけど全然後悔してない。良い買い物した。後初めてトロコンしました。発売して数日でDetroitのファンフィクがついったーのTLに濁流のように流れてくるようになってマジでスゲーと思った。操作がQTEのみだから洋画勢も引き込めたのかな。超おすすめです。
・Vampyr(日本未発売)
 2018年で一番性癖に刺さりまくった作品。ブロマンスもりもり。ゲーム内で出てくる文章も読み応えあり。医療用語も多く出てくるのでポチポチ調べながらやってました。ゲームシステム自体はブラッドボーンの優しい感じです。キャラの濃すぎるNPCの秘密を覗き見て脅したり、魅了して襲ったり、生かすか殺すかはたまた同族として迎え入れるかはプレイヤー次第。
Fallout Shelter
 面白かった。やり始めるとあれこれ配置したり拡大したりで時間の吸われるゲーム。完全日本語対応だったのも嬉しい。
BioShock collection
 恐縮だが何も言わずにプレイしてくれないか?
The Last of Us Remastered
 PS3時代の最高傑作をPS4でやろう。うちに4本あるけどだれかいる?
龍が如く3(HD)
 島袋力也に恋して何年?8年?
・The Surge
 重機ソウルと呼ばれ、ソウルシリーズに強く影響を受けた労災ゲーム。死んでロストしたソウルには制限時間がついており、時間内に回収しないと全ロス。こういうゲームを作る人は多分人の心を持っていない。序盤雑魚も油断するとある程度強化していても死ぬので敵は序盤からやや硬め。(ヤーナム比) キーコンフィグをPS4でも全部いじれるのでその点は評価したい。
MAFIA III
 人づてに鬱と聞き、ちょうどセールをやっていてなんと100円で買ってしまいました。まだ序盤も序盤なので暇な時にボチボチやりたいと思います。
・A WAY OUT(日本未発売)
 2人で操作する分割画面アクションゲーム。1人が持っていれば海外PSID持ってる人は遊べるのでフォロワーさんに遊んでもらいました。買う買うって言って結局買えてない。買います。まじで。チュートリアル的なところの喧嘩がドラマ見てるみたいで非常に面白くて引き込まれた。1人が変なことやってるともう1人の画面で変なことしてるの映ってたり海外版なので股間のモデルが無修正でコンニチワしてた。テキスト量としてはVampyrより少なくて操作も直観的でした。Detroit好きな人は好きかも。
・Firewatch
 終始安定している良いゲーム。楽しかった。
・KHOLAT-ディアトロフ峠の惨劇-
 画面の前の君も年末年始は雪山で遭難しようね!今年新説出ててたまげた。
・Destiny 2
 グラが綺麗で武器もユニークなのが多かった。対人はほとんど行ってない。フレンドとフィールド探索するの楽しい。
・We Happy Few
 インディーズにしてはどこのサイトもかなり高評価で日本語対応の文字に国内ゲーマーたちも期待していた作品。勝利を約束されていたはずが蓋を開けてみれば、DL版限定発売、国内ストアで一切の告知無し(本当に唐突に発売された)、フルプライス、というものすごい地雷臭。人柱目的で購入すれば案の定機械翻訳に塗れたシステム表記+未翻訳の嵐。日本国内の会社を通さずに自社で翻訳を行った模様。一方、5分近くあるビデオの翻訳は全て翻訳されており機械っぽくない翻訳。このクオリティの差は何なのか、発売後のパッチで未翻訳の部分は幾つか(機械)翻訳されたから今後のパッチで翻訳のクオリティは上がって行くのかなと思っています。多分無理だろうけど。英語でやる分には楽しめると思います。
 ゲーム自体は一人称視点のバイオショックライクな皮肉と暴力に塗れた世界観でコーエンのステージを延々とやっている気分。とても楽しい。だからこそ翻訳周りで評価を落としているのがもったいない。国内の販売元どこも声かけなかったのかな。
・Bloodborne
 死にゲーです。2キャラ目の神秘マン育ててます。楽しい。
・Burly Men At Sea
 この中では珍しく血が出ないゲーム。操作が独特で、音楽も良い。まるで音の出る絵本を読んでいるよう。1周10~30分で出来るので周回もサクサク。キャラがかわいい!
Fallout 76
 個人的にはNPCいてくれたほうが楽しいし、マップはそのままで他のプレイヤーがいる/いないの切り替えも出来るようにして欲しかった。フレンドとやるのはもちろん楽しかったけど、それって別にフォールアウトでやる必要性を感じないんだよな… TESとかFOの良さであるソロプレイヤー向けの良さをもう一度考えて欲しいな~~と思いました。だってスカイリム、ウルフェン、FO4、DOOM、ソロ向けのゲームちゃんと売れてるじゃん。良いんだよ。そこは無理に変えなくても。76はフレンドさんたちとの交流メインで遊びたいと思ってます。
Red Dead Redemption 2
 年末に馬と共に滑り込んできた個人的GOTY。制作陣の狂気を感じるリアリティーへの追及、終始ムービーか?と思うくらいの美麗なグラフィック、他の追随を許さない圧倒的なボリュームのストーリー。クエスト毎に変わるBGM。西部開拓時代の終わりと文明化の始まりの狭間で生きていく人間たちの心境のリアルさ。馬糞。
 これに加えてオンラインで作中のマップを自分のキャラで遊べる。フラフラ放浪するもよし、人助けするもよし、狩りをするもよし、ちょっと76もこんな感じ(ストーリー+オンライン)だったら面白かったのかなとか色々思ってしまう。不思議とこちらは1人でフラフラしててもNPCがいるからか全然寂しくない。箱庭ゲーにおいてプレイヤー以外の存在があるのとないのではかなり違うなと思いました。

 

 2018年で初めてやったこと

 ラスアスの作中で出てくる馬(タコ)が可愛すぎてずっと馬乗ってみたいな~と思ってたんですがRDR2で完全に火がついて先日馬乗ってきました。フワフワしてあったかかった…
 乗せてもらった若いサラブレッド、青鹿毛ちゃん、本当にかわいかった。職場のパワハラとかで死にそうになってたんですがそれが全部吹き飛んで穏やかな気持ちになりました。
 兎に角経験をしたいオタクなので、アーサーが馬に乗ってる。馬に乗ったらどんな感じなんだろう?っていうのが一番デカい気持ちでした。ゆっくり歩く分には疲れない。走るとマジで揺れる。あれで鞍に立って飛び移るとかすごすぎる。
 あと人慣れした馬、めっちゃ人の動きと気持ち感じ取るのびっくりした。頭が良いのか本能がそうさせてるのか分からないけど、馬上の人が見てる方向へ向かってくれる。レッスンの最後、早足で駆けた時に思いのほか揺れたんでびっくりして馬上で固まったんですよ。そしたらすぐスピード落としてくれた。前進する時に腹をかかとで軽く叩いて、ちゃんと動いてくれると「言葉が通じないのに伝わってる」感じがして嬉しかった。
 馬具付けるの、みんな鎖齧ったり地団駄踏んだりで嫌そうな反応だった。鞍重いしお腹も締め付けられるから当然か。昔の馬はずっと鞍とかつけっぱなしだったんですかね?
 自分より小さい動物に触れる機会ってそこそこ多いじゃないですか。犬とか。猫とか。亀とか。人間よりデカい動物が寄り添ってくれるとなんか安心します。乗ったあと、青鹿毛ちゃんが頭をスリスリしてきたんですがかわいすぎてウッてなった。
 アーサーがムービーの端々で馬を可愛がる気持ちがよくわかりました…馬、可愛い………また乗りに行きたい………
 これが毎日世話をするとなると大変なんだよな。キャンプの馬の世話はキーランが加わる前は誰がやってたのかな~~個々にやってんのかな~~~~とか色々考えてしまう。
 あまりにグルグルいろんなこと考えてた+持続的に自分の感情を表すのが苦手なせいか指導員の方に「楽しかったです」って言ったら「あまりに反応が薄いから楽しめてないんじゃないかと不安でした」とか言われる始末。元々リアクション薄いタイプなので…………めっちゃ楽しかったです。

 

 

 2018年に読んだ本


 今年全然読めてないな。雑誌ばっかり読んでた。買いっぱなし置きっぱなしで目の前にある積読の一部です。そのうち今まで読んだ本の紹介とかしたいね。まあ今まで生きてきて、新書とかビジネス書とか社会で役に立つ本は片手で数えるほどしか読んでなくて、どちらかというと心の栄養になるような本ばっかり読んでるから期待して読まれると困るね。
忍ぶ川(三浦哲郎)
 ああ~話は重いのにきれいな文体がまぶしい。目がつぶれそう。
光の六つのしるし(スーザン・クーパー/浅羽莢子訳)
 すみませんまだ表紙開いてません…… 訳者さんで買ったから信用はしてる。
・プリズン・ブック・クラブ(アン・ウォームズリー/向井和美訳)
 読んでるけどまだ刑務所着いてないです。
・やぶにらみの時計(都筑道夫)※絶版
 読むのに2年くらいかかってるけどこの本“あなた”って呼び掛けてくるからずっと読んでると気が狂いそうになる。
Bootleg(原書)/(アレックス・シアラー)
 日本語だと「チョコレート・アンダーグラウンド」というタイトルで出ています。訳書は小学生のころ読んだ。扱いは児童書ですがこの作家さんの作品は全部非常に面白い。有名な作品だと「青空のむこう」「13カ月と13週と13日と満月の夜」「スノードーム」とかかな。
・伯爵夫人(蓮實重彦)
 ハードカバーの手触りが良いのと三島由紀夫賞取ってたから買ったんだけどこの前本屋行ったら文庫が出てた。結構カチカチの文体だから純文学好きな人とかじゃないと読みにくいかもしれない。エロい。

 

 

 2018年に見た映画


 劇場で見た映画
レディ・プレイヤー1
 お祭り感あって面白かった。 俺はガンダムで行く は後世に残していきたい言葉。
万引き家族
 終始特に度肝を抜かれるような展開ではなかったけどデカいスクリーンに尻が大写しになったところが良かった。安藤サクラさん好き。

 アマゾン・プライムで見た映画
メメント
 ギミックのある映画が好きな人に薦めたい。
ヒットマン エージェント47
 耽美度200%な47だった。顔が良い。
・SING
 ゴリラの人歌がめちゃくちゃ上手いから調べたらキングスマンに出てるタロン・エガートン氏だった。天は二物どころか顔が良い・演技が上手い・歌が歌えるで三物与えてる。映画自体は子供も大人も楽しめるし歌がとてもいいので聞いて欲しい。
・鬼畜(1978)
 松本清張のやつ。ざっくり説明すると子供が可哀そうな目に遭う映画なので後味は良くない。
・マグニフィセント7
 DVD持ってるけどこっちでも見た。RDR2やった人は全員見てくれよな!!!!!!!!!!!!私の推しはメキシコの賞金首・バスケスとギャンブラー・ファラデーの二人だよ!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!
・Tom Clamcy's Ghost Recon Wildlands: War Within The Cartel
 ゴーストリコン:ワイルドランズの前日譚的なショートドラマ。本編開始時に既に死亡している潜入捜査官の話。勿論UBI提供。ありきたりな展開だけど登場人物どこから引っ張ってきたの?この人がモデルなの?ってくらい似ている人ばかりなので一見の価値あり。ディビジョンのショートドラマの時もそうだけど、UBIは話の展開は王道でも本当にディテールに拘った映像作品(PV含め)が多いのでトレイラーやショートドラマ見るのがとても楽しい。

 

 

 2018年アマゾン・プライムで見たTV番組


ポプテピピック
 良いクソアニメ。二期やって欲しいな。
ケイゾク
 SPECは雰囲気がちょっと合わなくて見なくなっちゃったんだけどこっちは面白かった。淡々と進んでって最後の後味の悪さも良い。若い渡部篤郎の怪演も見れてよかった。
・雑学サイエンス
 規模がアメリカン。飯食べながら見てた。このシリーズ好き。
・HIKEA
 ドラッグをキメてIKEAの家具を組み立てるっていう番組。注意散漫になってどえらい時間かかったり急に賢者タイムに入ったりずっと笑ってたりしてた。今調べたら検索に引っかからなくなったからドラッグの肯定的な奴は削除されちゃったのかな。
フィリップ・K・ディックのエレクトリック・ドリームズ
 色々なSF作品に大きな影響を与えた作家の1人。電気羊は~(ブレードランナー)とか高い塔の男(こちらもプライムで別番組としてドラマ化されている)を書いた人。Detroitやった人はハマると思う。アマゾン・プライムオリジナル作品なのでこの機会にぜひ。一話完結で連続してみなくても良いところも良い。私は3.人間らしさ(HUMAN IS)が好き。残念ながら俳優さんたちの名前には疎いけど、あ、この人見たことあるって人結構いたから有名な方も出てるんじゃないかな。
・テレビ野郎ナナーナ
 全く期待せずに見たら全編面白かった。一話3分くらいなので暇なら全部見て。
仮面ライダー龍騎
 子供のころ見たな~と思って見直したら後半結構な展開でよくこれニチアサでやってたな?ってなった。ナイト様好き。
・侠飯~おとこめし~
 主人公が左利きの飯ドラマ、斬新で良いと思った。自分も左利きだけど他人が左で箸使って食べるのなんか不思議~だった。渋い生瀬勝久さん、良い。三浦誠己さんの役が好き。


 最後に
 なんか適当にブラボ進めながら書いてたらこんな時間になってて時計二度見しちゃったんですが来年はもっと色んなゲームやりたい。あんせむ~とかSEKIROも楽しみだけど臆せず色んなジャンルに手を出していきたいな~と思っています。あと 本を 読むようにします。友達とか知り合いとかから色んな方面の論文もらうだけもらってファイル開いてないとか多くなってきたので活字もちゃんと読んでいきたいし小説ももっとしっかりかける様になりたい。あと生活基盤しっかりしたい。毎年同じようなこと言ってる気がする。大丈夫かこんなで…………
 来年も月一くらいでぼちぼちやっていきたいと思います。よろしくおねがいします。

 皆さまよいお年をお迎えください~